稲垣カイロオフィス-安城整体-

file1
症例ファイル1

ホーム腰痛の症例ファイルリスト
file1

腰痛(腰椎椎間板ヘルニア・坐骨神経痛) : 名古屋市 男性 50代


◆ 症状
8か月前に職場移動がありデスクワークが多くなってから腰痛発症。
坐っていると少しずつ痛みが強くなり、日に日に悪化してきている。
初めは腰部の痛みだったのがだんだんとお尻部分の痛みに変わってきた。
フリーペーパーで整体を探し、腰をバキバキッと矯正されても改善せず、 少しずつ悪化してくるので整形外科に行くとレントゲン、MRIで腰部椎間板ヘルニアと診断された。
リハビリで牽引、電気、腰部マッサージの治療を受けたが改善しなかったので、 知り合いに紹介されたソフト整体に2ヶ月通ったがいっこうに改善せず、 発症から5ヶ月経過した時点で当院に来院された。
来院時で気になる症状は、長時間座っていられない、靴下をはくような姿勢で痛む、朝洗顔の姿勢で痛む、など。

◆ 経過
初診時、SLR検査をすると約30度で臀部から右下肢後面にかけての痛み。
ケンプテストは右陽性。
膝蓋腱反射、アキレス腱反射は正常。
歩行は右足を引きずるようにして歩いている。
背骨をチェックすると正常な腰部の前弯が消失している。
SLRを指標として腰椎・骨盤・股関節を中心に調整をすると1ヶ月後では40度、日常生活での痛みがわずかに減少してきた様子。
2ヶ月後には60度まで上がるようになり、歩行はスムーズになった。
ただ、長時間坐っていると腰が痛くなってくる。
3ヶ月が経過した状態ではSLRが70度まで上がるようになり、痛みを伴わない。
ケンプテストもこのころには陰性に。
腰痛もかなり長時間坐ったりしなければ大した痛みはでない状態なので、本人と相談して様子を見ることとなった。
※整体効果には個人差があります

稲垣睦人カイロプラクティックオフィス-安城整体-
TEL : 0566−91−6682 (予約制)
愛知県安城市大山町1丁目1−16 杉中ビル1F
安城や岡崎、西三河から多数来院の整体
copyright 2010 .
ATSUHITO INAGAKI CHIROPRACTIC OFFICE
all right reserved.