整体とカイロプラクティックについて:安城整体の考え

Q.カイロプラクティックは西洋医学ですか?東洋医学ですか?
A.
カイロプラクティックは、西洋医学と東洋医学の両方の特徴を持っています。

解剖学、生理学、神経学、病理学などの現代医学(西洋医学)知識に基づいて、 自然治癒力を高めて体を回復させるという東洋医学的な思想を実現しようと考えます。

東洋医学には「未病」という考え方があります。
病気ではないが健康とも言い難い状態を指し、症状があっても病院の検査では問題なしといわれてしまう状態です。
西洋医学は、病気か病気でないかという白か黒かで考えるため、未病の方に対しては治療法がありません。

カイロプラクティックはこの「未病」の状態に対して大変効果的で、病院で治らなかった症状がカイロプラクティックで改善するケースは多くあります。

また、欧米ではカイロプラクティックについて多くの基礎的研究、臨床研究も盛んに行われており、EBMが確立・充実しています。
※ EBMとは、Evidenced Based Medicineの略で「科学的根拠に基づいた医療」という意味

現在、アメリカを中心に世界80か国以上で行われており、 多くの研究データとその高い臨床効果が認められてWHO(世界保健機構)がWFC(世界カイロプラクティック連合)を正式メンバーとして認めています。

これはカイロプラクティックが、欧米先進諸国において漢方、鍼灸と同じく代替医療として正式に認定されたことを意味しています。

参考
世界カイロプラクティック連合:WFCについて

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>