腰椎分離症・すべり症

「画像検査で腰椎分離症・すべり症が見つかった」、「病院でスポーツ禁止と言われた」、「腰が痛くて運動ができない」 諦める前にご相談ください。

岡崎整体 稲垣 睦人


腰椎分離症・すべり症でも大丈夫です

病院で「腰椎分離症・すべり症」と診断された方の中には、病院にてレントゲンやMRIの画像を見て 「腰椎が折れて分離している」 「腰椎が前方に滑っている」 と説明を受けスポーツに対して「不安」や「恐怖」を感じておられる方も少なくありません。

しかし、当院ではこのような分離症・すべり症と診断された方でも十分な効果が出ており、大抵の方は無事にスポーツ復帰し、腰を気にせずにスポーツを続けられています。


岡崎整体の分離症・すべり症施術

岡崎整体では、分離症・すべり症をケアする際に病院や接骨院とは違う観点で見ています。

まず、分離症・すべり症を持っているとほとんどの方が腰の反る力(伸展と言います)に対して痛みを感じます。

分離・すべりを起こしている部分に局所的な伸展力(赤矢印)がかかることに弱いのです。

当院ではその分離・すべりを起こしている腰椎の上下の背骨・骨盤に注目します。

そして、その上下の背骨・骨盤に伸展制限のある部分を探します。
多くの分離・すべり症の方は患部の上下に伸展制限が見つかり、その伸展制限が改善するように背骨・骨盤の矯正を行います。

すると伸展の力が均等にかかるようになり、患部への負担が大幅に減少します。

このような状態が安定してくるとスポーツをしても腰痛を感じない状態となります。

あとは、スポーツを続けることにより体幹が安定してくると分離症・すべり症の影響なく全力でスポーツが可能となるのです。

「画像検査で腰椎分離症・すべり症が見つかった」、「病院でスポーツ禁止と言われた」、「腰が痛くて運動ができない」 諦める前にご相談ください


アスリートはカイロプラクティックが有効

世界のトップアスリートはけがの回復・予防・パフォーマンス向上のためにカイロプラクティックのケアを受けています。

全身の骨格バランス、筋力バランス、関節可動域などを詳しく検査し、各スポーツの特徴を踏まえたうえで体バランスを調整します。

金メダリスト、ウサインボルトもカイロプラクティックケアを受けていました。

今日では欧米諸国だけでなく、日本でも数多くのプロスポーツ選手やオリンピック選手がカイロプラクティック/整体を利用しています

日本では柔道の谷亮子選手、野球の松井秀喜選手などが有名です

ゴルフ、野球、サッカー、テニス、スキー、陸上、バレー、バスケ、ランニングなど

分離症・すべり症のケアからアスリートのパフォーマンス向上まで、興味のある方は是非ご相談ください。