30代男性 マラソン選手の腰痛 椎間板ヘルニア 立ち上がると痛む トイレで力むと痛む 重いものを持つと痛む 足の痛み 施術3回

データ

30代男性 デスクワーク 岡崎市

症状

一年ほど前のぎっくり腰から慢性腰痛に。
症状は腰痛と足の痛み、しびれ。
豊田市の有名な整形外科ではヘルニアと診断、趣味のマラソンも止められてしまった。
なんとか続けたかったのでいろいろな医者を受診。
代替医療としては針治療や接骨院なども通ったが一時的。
坐って立ち上がったりすると痛く、1分間はしっかり動けない。
トイレで力んでも痛みが出たり、重いものを持つと痛む。

高いレベルでのマラソンランナーで、なんとか半年後のフルマラソンに参加したいとのこと。

経過

1年前は腰痛が主だったが今は腰痛よりも下肢痛が強い。
左足SLR検査を行うと30度まで。
右側は60度まで上がる。
このまま足が上がらない状態ではマラソン途中に左足が上がらなくなり痛みを発してしまう。

SLRテスト

参考:運動器疾患の評価

体幹も捻れがあり、少し右半身が前に、左半身が後ろに捻れている。
ランニング中も軸が捻れた状態では全身の負担が大きい。左股関節と、その股関節に神経を送っている腰の部分を整えるとSLRは50度くらいまであがる。

また、身体の捻れの原因となる下部胸椎を治療すると左右の捻れ角度は同等になり、痛みを確認すると減少している。
基本的には同じ方針で2回治療すると3回目来院時にはずいぶん症状が落ち着いてきた。

当初の予定よりもずいぶん早く3か月後にはトレイルランニングの大会にも出場でき、半年後には無事フルマラソンも完走することができた。

感想
豊田市の有名な整形外科で腰のヘルニアの宣告を受け、趣味のマラソンも止められました。
”腰は痛い”でも趣味は続けたいの一心でいろいろな医者を受診しました。
針治療も受けましたが一時的。
途方に暮れておりました。
そんな時、たまたまインターネットで先生のHPを見ました。
導かれるように受診しました。
皆さんと同じように、カイロは疑っていましたが、現実に腰もよくなり、またマラソンを楽しめるようになっております。
先生も気さくな方でいろいろと相談できます。
レントゲンとMRIの結果にとらわれず、前向きに自分自身の体ともう一度向き合うチャンスをいただきました。
先生、ありがとう!

※ 整体効果には個人差があります