坐骨神経痛の方へ

坐骨神経痛の検査

「お尻から足の後ろが痛い、張っている」、「痛み止めが効かない」、「リハビリに通ったが改善しなかった」 諦める前にご相談ください。

院長 稲垣 睦人


病院で改善しなかった理由

まず知っておいてもらいたいのは、「坐骨神経痛」とは症状であり、病名でないということです。
何が原因なのかを特定しているわけではありません。

お尻から足にかけての症状がある場合、病院では原因の特定のためにレントゲンや画像検査を行います。

そして、

  • 骨と骨の隙間が狭い
  • 腰のカーブが反りすぎ/ストレート
  • 骨に変形がある
  • ヘルニアがある

など、「画像検査」をもとに症状の原因を説明します。

しかし最近の痛み研究では、画像検査の結果と腰痛・坐骨神経痛に関連性が少ないことがわかってきました。

腰痛と椎間板

腰痛と椎間板ヘルニア

参照 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/8747239

このグラフはカナダのBoosらの研究で、腰痛の無い方を対象に画像検査を行ったら76%の方にヘルニアが、85%の方に椎間板の変形が見つかった、という研究結果です。

つまり、痛みのない健康な人にも画像検査の異常が多く見つかったのです。

この研究は国際腰痛学会のVOLVO賞(年に一度のノーベル賞にあたる賞)を受賞している信頼性の高い情報です。

欧米ではこのような「画像検査の異常=腰痛」を否定する文献が続々と発表されています。

しかし、日本の医療現場、接骨院、治療院ではいまだに、坐骨神経痛を治療する際に「画像検査」に原因を求めているので治らないのです。


岡崎整体の坐骨神経痛戦略

  • 骨盤検査
    骨盤検査

当院では、病院で検査して坐骨神経痛と診断された方が多数来院され、その多くの方に喜んでいただいています。

それは身体を評価する際に、病院とは違った角度 から見ているからです。

当院では

  • 姿勢検査
  • 筋力検査
  • 皮膚/筋/骨の触診検査
  • 関節の可動域検査
  • 眼球運動などの神経学検査

などを詳細に検査します。

すると画像検査では問題がなかった部位にも異常が見つかります。

  • 姿勢の歪み
  • 筋力の低下
  • 骨のズレ
  • 関節の可動域低下
  • 神経学的な異常

そこで見つかった異常を解消することにより、体のバランスが改善され、坐骨神経痛の軽減・消失につながるのです。

「お尻から足の後ろが痛い、張っている」、「痛み止めが効かない」、「リハビリに通ったが改善しなかった」  諦める前にご相談ください

坐骨神経痛の改善症例

坐骨神経痛と診断された方の症例とその方の施術の感想です。
似た症状の方がどのように改善したのか参考にしてください。

※ 施術効果には個人差があります

60代女性 坐骨神経痛 椎間板ヘルニア 梨状筋症候群 腰・足・ふくらはぎ・足首が重だるい 立っているのも座っているのもつらい 整体8回

2019年5月7日

60代女性 椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛で台所仕事で痛むし歩くと痛む 手術しかないと言われて先が不安 整体6回で改善

2019年5月7日

70代男性 脊柱管狭窄症による坐骨神経痛で間欠性跛行 腰痛足の痛み・しびれが整体10回で改善

2019年5月7日

70代女性 脊柱管狭窄症 坐骨神経痛 歩行痛 整体3回で改善

2019年5月5日

60代女性 脊柱管狭窄症 間欠性跛行 腰痛 足のしびれ 数分歩くと痛みが出る 背中の痛み 足がつる 脊柱側弯症  整体8回

2019年5月4日

30代男性 マラソン選手の腰痛 椎間板ヘルニア 立ち上がると痛む トイレで力むと痛む 重いものを持つと痛む 足の痛み 施術3回

2019年5月3日

50代男性 椎間板ヘルニアによる 坐骨神経痛で長く座っていると腰が痛むのが8か月また歩くと足が痛い 施術9回で改善

2019年5月3日

40代男性 坐骨神経痛 お尻の痛み 体の歪み 起き上がる時に痛む 歩行時痛 足のしびれ 椎間板ヘルニア 施術2回

2019年4月26日

坐骨神経痛関連記事

腰痛でお悩みの方へ

2019年6月13日