>> 土日の新規予約は2か月待ちとなります

坐骨神経痛の方へ

坐骨神経痛の検査

「お尻から足の後ろが痛い、張っている」、「痛み止めが効かない」、「リハビリに通ったが改善しなかった」 諦める前にご相談ください。

院長 稲垣 睦人


病院で改善しなかった理由

まず知っておいてもらいたいのは、「坐骨神経痛」とは症状であり、病名でないということです。
何が原因なのかを特定しているわけではありません。

お尻から足にかけての症状がある場合、病院では原因の特定のためにレントゲンや画像検査を行います。

そして、

  • 骨と骨の隙間が狭い
  • 腰のカーブが反りすぎ/ストレート
  • 骨に変形がある
  • ヘルニアがある

など、「画像検査」をもとに症状の原因を説明します。

しかし最近の痛み研究では、画像検査の結果と腰痛・坐骨神経痛に関連性が少ないことがわかってきました。

腰痛と椎間板

腰痛と椎間板ヘルニア

参照 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/8747239

このグラフはカナダのBoosらの研究で、腰痛の無い方を対象に画像検査を行ったら76%の方にヘルニアが、85%の方に椎間板の変形が見つかった、という研究結果です。

つまり、痛みのない健康な人にも画像検査の異常が多く見つかったのです。

この研究は国際腰痛学会のVOLVO賞(年に一度のノーベル賞にあたる賞)を受賞している信頼性の高い情報です。

欧米ではこのような「画像検査の異常=腰痛」を否定する文献が続々と発表されています。

しかし、日本の医療現場、接骨院、治療院ではいまだに、坐骨神経痛を治療する際に「画像検査」に原因を求めているので治らないのです。


岡崎整体の坐骨神経痛戦略

  • 骨盤検査
    骨盤検査

当院では、病院で検査して坐骨神経痛と診断された方が多数来院され、その多くの方に喜んでいただいています。

それは身体を評価する際に、病院とは違った角度 から見ているからです。

当院では

  • 姿勢検査
  • 筋力検査
  • 皮膚/筋/骨の触診検査
  • 関節の可動域検査
  • 眼球運動などの神経学検査

などを詳細に検査します。

すると画像検査では問題がなかった部位にも異常が見つかります。

  • 姿勢の歪み
  • 筋力の低下
  • 骨のズレ
  • 関節の可動域低下
  • 神経学的な異常

そこで見つかった異常を解消することにより、体のバランスが改善され、坐骨神経痛の軽減・消失につながるのです。

「お尻から足の後ろが痛い、張っている」、「痛み止めが効かない」、「リハビリに通ったが改善しなかった」  諦める前にご相談ください

坐骨神経痛の改善症例

坐骨神経痛と診断された方の症例とその方の施術の感想です。
似た症状の方がどのように改善したのか参考にしてください。

※ 施術効果には個人差があります

坐骨神経痛関連記事

岡崎整体の画像